HOME » 協定校留学とは

協定校留学

協定校留学とは

津田塾大学は海外11カ国・地域の26大学と交換留学及び派遣留学の協定を結び、毎年本学学生を1年間派遣し、協定校からも留学生を受入れています。交換留学と派遣留学は協定校からの留学生の受入れがあるかないかによって区別されます。どちらも留学先での身分が保証されており、様々な分野で勉強できるという事が約束されています。また、協定校により学費や寮舎費の減免等の特典があります。津田塾大学海外留学奨学金(派遣・受入)に応募することもできます。協定校派遣学生は、提出書類、語学試験及び面接により選考されます。


協定校一覧

協定校一覧はこちらを参照してください。


学内選考

  出願資格
  1. 学部生は派遣年の前年度までに30単位以上の科目を修得していること。
  2. 応募時に学部2年生以上で、派遣年度に本学に在籍中であること。
  3. 本学の学業成績が原則としてGPA2.5以上かつ志願先大学のGPA条件を満たしていること。
  4. 志願先大学の要求する語学能力を有していること。
  5. 十分な資金の準備ができること。
  6. 異文化適応能力があること。

※詳細は募集要項で確認してください。

提出書類
  1. 協定校留学願書
  2. セミナー指導教員による志願者評価書
  3. 志願先大学が要求する語学スコアのコピー
  4. 最新の成績通知書のコピー
学内選考試験

前期選考分募集:ウェスタン・ワシントン大学、カリフォルニア大学デービス校、オーストラリア国立大学、ブレーメン応用科学大学、梨花女子大学、国民大学、南京大学海外教育学院、淡江大学
後期選考分募集:その他の協定校

一次試験:語学能力試験
二次試験:面接試験


協定校派遣募集要項

募集の内容はこちらを参照してください。