HOME » 協定校紹介

協定校紹介

本学は11の国・地域の26大学と学生交流に関する協定を結んでいます。毎年約30名の学生が学内選考試験を経て、これらの大学で学んでいます。協定校留学の出願等はこちらのページをご参照ください。

協定校留学中の本学学費負担額についてはこちらのページをご参照ください。

協定校一覧

大学名
大学HPリンク
アメリカ ブリンマー大学 Bryn Mawr College
インディアナ大学 パーデュー大学 インディアナポリス Indiana University-Purdue University Indianapolis
ミネソタ州立大学モアヘッド Minnesota State University Moorhead
ランドルフ大学 Randolph College
サラー・ロレンス大学 Sarah Lawrence College
スペルマン大学 Spelman College
カリフォルニア大学デービス校 University of California Davis
カンザス大学 University of Kansas
ウエスタン・ワシントン大学 Western Washington University
カナダ マギル大学 McGill University
英国 アベリストウィス大学 Aberystwyth University
ブリストル大学 University of Bristol
エディンバラ大学 University of Edinburgh
ヨーク大学 University of York
ウルバーハンプトン大学 University of Wolverhampton
リーズ大学 University of Leeds
スウェーデン ブレーキンゲ工科大学 Blekinge Institute of Technology
ドイツ ブレーメン応用科学大学 Hochschule Bremen, University of Applied Sciences
オーストラリア オーストラリア国立大学 Australian National University
フィリピン フィリピン大学 University of the Philippines
韓国 梨花女子大学 Ewha Womans University
国民大学 Kookmin University
中国 南京大学海外教育学院 Institute for International Students, Nanjing University
香港樹仁大学 Hong Kong Shue Yan University
台湾 淡江大学 Tamkang University
メキシコ メトロポリタン自治大学 Universidad Autonoma Metropolitana

 

各協定校紹介

 



◆ブリンマー大学 Bryn Mawr College (アメリカ)
津田梅子がかつて学んだ米国屈指の名門女子大学。フィラデルフィアの中心から電車で20分程の所に位置しています。 約40のコースを持ち、科目数も400を超えますが、小規模教育を守っており、授業の80%は25人以内、50%は15人以内で行われています。また近隣のHaverford College, Swarthmore College, University of Pennsylvania と共同学術プログラムを持っており、それらの大学のコースを自由に選ぶこともできます。
本学が学生交換協定を最初に締結した大学です。
募集人数と留学期間
1人
8月~翌年5月
出願資格
学部2年生以上または大学院修士課程 
TOEFL iBT 95またはIELTS 7.0以上
GPA 3.0以上
大学院生はGREのスコアを所有していること
授業の言語
英語
学費等の免除
留学先学費全額免除、寮舎費・食費自己負担
ブリンマー大学 Bryn Mawr College (アメリカ)


◆インディアナ大学 パーデュー大学 インディアナポリス Indiana University-Purdue University Indianapolis (アメリカ)
IUPUIはインディアナ大学とパーデュー大学が1969年に共同で設立した州立大学です。2万人以上の学部生と5千人以上の大学院生が、準学士号から博士号まで200を超えるプログラムで学んでいます。特に健康科学、工学、ビジネス、テクノロジーの分野に秀でています。
キャンパスはアメリカ中西部を代表する大都市、インディアナポリスのダウンタウンから数ブロックの場所で、美術館や劇場、レストラン等に歩いて行ける便利なところに位置しています。
募集人数と留学期間
3人
8月~翌年5月(秋学期のみの留学も可)
出願資格
学部2年生以上
TOEFL iBT 61またはIELTS 5.5以上
授業の言語
英語
学費等の免除
留学先学費全額自己負担、寮舎費・食費自己負担
インディアナ大学 パーデュー大学 インディアナポリス Indiana University-Purdue University Indianapolis (アメリカ)
注意
TOEFL iBT80またはIELTS 6.5以下の場合IUPUIにおいて専門科目の履修に制限がある。
学期開始前にIUPUIにて英語能力試験を受験する。成績によってacademic Englishの授業を受講する。

◆ミネソタ州立大学モアヘッド Minnesota State University Moorhead(アメリカ)
州立の教育機関として設立され、教員養成プログラムでは高い評価を得ています。
ノースダコタ州と川を隔てて立地し、自然に恵まれた治安のよい場所にあります。学生の多くがミネソタ州とノースダコタ州出身者です。
募集人数と留学期間
3人
8月~翌年5月
出願資格
学部2年生以上または大学院修士課程
学部課程:TOEFL iBT 61またはIELTS 5.5以上
大学院課程:TOEFL iBT 79またはIELTS 6.5以上
原則としてGPA 2.8以上
授業の言語
英語
学費等の免除
留学先学費全額免除、寮舎費・食費自己負担

ミネソタ州立大学モアヘッドMinnesota State University Moorhead (アメリカ)

◆ランドルフ大学 Randolph College(アメリカ)
1891年に私立の女子大学として創立されましたが、2006年9月に共学化の案が採択され、2007年度秋学期より男子学生の受入れを開始しました。学生数約600名と小規模ながら、古くから高い教育水準が認められています。
募集人数と留学期間
2人
8月~翌年5月
出願資格
学部2年生以上または大学院修士課程・博士課程
TOEFL iBT 79またはIELTS 6.5以上
原則としてGPA 3.0以上
授業の言語
英語
学費等の免除
留学先学費半額免除、寮舎費・食費自己負担
ランドルフ大学 Randolph College (アメリカ)

◆サラー・ロレンス大学 Sarah Lawrence College(アメリカ)
1926年に女子大として創立し、1968年から男女共学となりました。厳格な学問理念と少人数教育で知られています。多くの作家、女優、脚本家などを輩出しています。ニューヨーク・マンハッタンから電車で30分ほどの好ロケーションに所在しています。

募集人数と留学期間
1人
8月~翌年5月
出願資格
学部2年生以上または大学院修士課程
TOEFL iBT 90またはIELTS 6.5以上
原則としてGPA 3.0以上
授業の言語
英語
学費等の免除
留学先学費全額免除、寮舎費・食費自己負担
サラー・ロレンス大学 Sarah Lawrence College(アメリカ)
注意
TOEFL iBT100またはIELTS 7.0以下の場合、スカイプによるインタビューあり。
週に2、3時間、日本語アシスタントを務める。

◆スペルマン大学 Spelman College(アメリカ)
アトランタにある私立女子大学。
創立以来、黒人女性に質の高い教育を提供しています。様々な分野でリーダーとなり、社会に貢献する女性を輩出してきました。アフリカ系アメリカ人が95%を占めています。

募集人数と留学期間
1人
8月~翌年5月
出願資格
学部2年生以上または大学院修士課程
TOEFL iBT 79またはIELTS 6.0以上
原則としてGPA 3.0以上
授業の言語
英語
学費等の免除
留学先学費全額免除、寮舎費免除(食費込み)
スペルマン大学 Spelman College (アメリカ)
注意
大学院は設置されていない。

◆カリフォルニア大学デービス校 University of California Davis (アメリカ)
カリフォルニア大学デービス校は、2,000ヘクタールの広大な敷地に、3万人以上の学生が、100を越す専攻コースで学ぶ州立の総合大学です。カリフォルニア大学 (University of California) の10のキャンパスの1つで、1905年に設置されました。
教養、サイエンス、エンジニア、農業、環境、生物、法律、マネージメント、医学、獣医学などの学部・学科があり、世界的な評価を得ている大学です。
本学からの派遣学生はUCDのGlobal Study Program (GSP)のもとで学びます。

募集人数と留学期間
3人
9月~翌年6月、または3月~翌年3月、または3月~12月(夏学期も履修する)
出願資格
学部2年生以上
TOEFL iBT 80(各セクション19), またはIELTS 7.0以上(英語研修なし)
TOEFL iBT 71またはIELTS 6.5以上 (英語研修付き)
原則としてGPA 3.00*以上
授業の言語
英語
学費等の免除
留学先 協定によるGSP学費自己負担、宿舎費・食費自己負担
カリフォルニア大学デービス校 University of California Davis (アメリカ)
注意
TOEFL iBT80(各セクション19)またはIELTS 7.0以下の場合、英語研修付きプログラム(1学期間または専門科目と並行して1~2コマ、Aacademic Englishを履修する)になる
UCDでGPA 2.0を維持することが求められる。
◆カンザス大学 University of Kansas(アメリカ)
アメリカ中西部で有数の大規模な総合大学。100以上の専攻分野のほとんどで大学院を持っています。設備が充実しており、特に図書館は公立のものとしては全 米でもトップクラスの量と質の高さを誇っています。また、自然史博物館や昆虫博物館、人類学博物館なども併設しています。
募集人数と留学期間
1人
8月~翌年5月
出願資格
学部2年生以上または大学院修士課程
TOEFL iBT 各セクション20以上またはIELTS 6.0(各セクション5.5)以上
大学院生についてはGREのスコア所有者

授業の言語
英語
学費等の免除
留学先学費全額免除、寮舎費免除(食費込み)
カンザス大学 University of Kansas (アメリカ)
注意
TOEFL iBT各セクション23またはIELTS 6.5(各セクション6.0)以下の場合、学期開始前に英語能力試験を受験する。成績によってacademic Englishの授業を1,2コマ受講する。

◆ウエスタン・ワシントン大学 Western Washington University(アメリカ)
カナダとの国境に近い小都市ベリンガムにある男女共学の州立大学。アジアをはじめヨーロッパの大学と多数の交流協定をもっています。
クォーター制をとっているため、4月からの留学が可能です。
募集人数と留学期間
2人
9月~翌年6月または4月~翌年3月
出願資格
学部2年生以上または大学院修士課程
TOEFL iBT 79またはIELTS 6.5以上
授業の言語
英語
学費等の免除
交換留学生:州内授業料自己負担、寮舎費・食費自己負担
派遣留学生:州外授業料自己負担、寮舎費・食費自己負担
ウエスタン・ワシントン大学 Western Washington University (アメリカ)

◆マギル大学 McGill University(カナダ)
モントリオールにあり、長い歴史を誇るカナダ有数の総合大学。留学生も多く、学生数は3万人を数えます。 医学をはじめ各分野に優れた人材を輩出しています。マギル大学はフランス語圏のケベック州にありながら、創立以来ずっと原則的に英語で授業を行っています。
募集人数と留学期間
3人
8月~翌年4月
出願資格
学部2年生以上または大学院修士課程
TOEFL iBT 90(各21)またはIELTS 6.5(各6.0)以上
原則としてGPA 3.0以上
授業の言語
英語
学費等の免除
留学先学費全額自己負担、住居費・食費自己負担
マギル大学 McGill University (カナダ)

◆アベリストウィス大学 Aberystwyth University(英国)
1872年に創立されたウェールズで最も歴史の古い大学。教育、指導法、学生の満足度の向上に努め、数々の学生対象の調査でトップに格付けされています。2010年度Times Good University Guideはアベリストウィス大学を英国の大学の中で学生満足度第一位と評価。また、2009年度International Student Barometerによると、世界中の留学生60万人を対象とした調査で、アベリストウィス大学は第一位に選ばれています。
募集人数と留学期間
3人
9月~翌年6月
出願資格
学部2年生以上または大学院修士課程
International Politics : IELTS 7.0 (各6.0)以上
それ以外の分野:IELTS 6.5(各5.5)以上
6週間の英語研修に参加する場合はInternational Politics: IELTS 6.5(各5.5)、それ以外の分野:IELTS 6.0(各5.5)
授業の言語
英語
学費等の免除
留学先学費全額自己負担、寮舎費・食費自己負担
アベリストウィス大学 Aberystwyth University(英国)
注意
アベリストウィス大学では本学で学んでいる分野に関連する科目を生に履修することになる。

◆ブリストル大学 University of Bristol(英国)
英国の大学の中で最高の教育・研究水準を誇る上位4大学の1つに数えられているブリストル大学は人文科学、工学、法学、医学、自然科学、社会科学の6学部に より構成され、120以上の専攻科目を提供しています。ブリストルはイングランド南西部、エイボン川に望む港湾都市で、ロンドンから列車で1時間半のとこ ろに位置しています。
募集人数と留学期間
3人
9月~翌年6月(専攻分野により秋学期のみの留学も可)
出願資格
学部2年生以上または大学院修士課程
IELTS 6.0(Writing 6.0 それ以外のセクション5.5)以上
専攻分野によってはさらに高いスコアが求められる。
原則としてGPA3.0以上
授業の言語
英語
学費等の免除
留学先学費全額自己負担、寮舎費・食費自己負担
ブリストル大学 University of Bristol (英国)
注意
専攻分野によっては学期前あるいは1学期英語研修が義務付けられるので、ブリストル大学公式ホームページで確認すること。

◆エディンバラ大学 University of Edinburgh(英国)
1583年に創設された古い歴史を持つ英国の名門総合大学。
スコットランドの首都エディンバラにあり、国内外からの学生に高いレベルの研究の場を与えています。学生の大部分はイングランドとスコットランド出身者ですが、留学生も4,000人以上学んでいます。
募集人数と留学期間
1人
9月~翌年5
出願資格
学部2年生以上または大学院修士課程
IELTS 6.5(各5.5)以上
原則としてGPA 3.0以上
授業の言語
英語
学費等の免除
交換留学生:留学先学費全額免除、寮舎費・食費自己負担
派遣留学生:留学先学費全額自己負担、寮舎費・食費自己負担
エディンバラ大学 University of Edinburgh (英国)
注意
3年生以上を対象とした授業(Honours)を履修希望の場合はIELTS 6.5(各セクション6.5)以上必要

◆ウルバーハンプトン大学 University of Wolverhampton(英国)
1969年創立のWolverhampton Polytechnicを前身として1992年に大学に改組された大学で、コンピューター・情報テクノロジー学部を含む10学部より構成されています。
大学は、ロンドンから列車で2時間のバーミンガムに近いウルバーハンプトン市にあります。理系の学部生を対象としたプログラムです。
募集人数と留学期間
2人
9月~翌年5月
出願資格
数学科・情報科学科2年生以上
IELTS 6.0(各 5.5)以上
授業の言語
英語
学費等の免除
留学先学費全額自己負担、寮舎費・食費自己負担
ウルバーハンプトン大学 University of Wolverhampton(英国)

◆ヨーク大学 University of York (英国)
7つのカレッジから構成され31の専攻分野を持つ大学です。
教育・研究のレベルは極めて高く、ランキングは常に上位に入っています。
イングランド北東部のヨーク市郊外にあるメイン・キャンパスは広大な敷地を持ち、大きな湖の周辺に校舎や学生寮が点在しています。
募集人数と留学期間
3人
9月~翌年6月(秋学期+冬学期のみの留学も可)
出願資格
学部2年生以上または大学院修士課程
Departmentにより英語要求点が異なる。下記に確認すること。
http://www.york.ac.uk/study/undergraduate
/applying/entry/english-language/

(例)
English and Related Literature: IELTS 6.5(各5.5)以上
Politics: IELTS 6.5(各5.5)以上
Computer Science and Engineering: IELTS 6.5 (各6.0)以上
Mathematics: IELTS 6.5 (各6.0)以上
原則としてGPA 3.0以上
授業の言語
英語
学費等の免除
留学先学費全額自己負担、寮舎費・食費自己負担
ヨーク大学 University of York (英国)
注意
入学前に付属の語学研修センターで実施される語学研修に参加することが望ましい。


◆リーズ大学 University of Leeds(英国)

1904年に誕生したリーズ大学は、校舎に「赤いレンガ」が使用されたことから、Red Bricks の愛称で知られるようになりました。現在では3万人以上の学生数を擁する大きな大学になり、学部のプログラムが500、大学院が300あります。100カ国以上から約4,000人の留学生がリーズ大学で学んでいます。 ロンドンから2時間のイングランド中央部に位置します。
募集人数と留学期間
3人
4月~翌年1月 7月または8月または9月~翌年6月
出願資格
学部2年生以上または大学院修士課程 20週間の事前語学研修つきIELTS 5.0(各セクション4.5)以上(4月開始) 10週間の事前語学研修つきIELTS 5.5(各セクション5.0)以上(7月開始) 6週間の事前語学研修つきIELTS 5.5(各セクション5.5)以上(8月開始) 事前語学研修なしIELTS 6.0(各セクション5.5)以上(9月入学) 専攻分野によってはさらに高いスコアが求められる。 原則としてGPA3.0以上
授業の言語
英語
学費等の免除
留学先学費全額自己負担、寮舎費・食費自己負担
リーズ大学 University of Leeds(英国)
注意
専攻分野によって英語要求点が異なる。詳しくはこちらのウェブサイトで確認すること。
◆ブレーキンゲ工科大学 Blekinge Institute of Technology(スウェーデン)

1989年創立のスウェーデンの中では新しい大学のひとつ。工科大学ですが、技術分野だけではなく、経営、経済、健康、計画、社会科学や人文科学などのカリキュラムも提供しています。(主にスウェーデン語)交換留学生用にコンピューティング、エンジニアリング等の分野で英語による授業を提供しています。
大学周辺にはテレコミュニケーションやソフトウエア会社が多くあります。ロネビーキャンパスは、2005年にスウェーデンで最も美しいと評価されたRonneby Brunnsparkに隣接します。また、カールスクロナは1998年UNESCO世界遺産に登録された歴史的都市です。
募集人数と留学期間
3人
8月~翌年6月(秋学期のみの留学も可)
出願資格
学部2年生以上または大学院修士課程
TOEFL iBT 61またはTOEFL ITP 500またはIELTS 5.5以上
授業の言語
スウェーデン語、交換留学生用の授業に一部英語で行われるものもある。
英語で行われる科目はホームページで確認すること。
学費等の免除
留学先学費全額免除、寮舎費・食費自己負担
ブレーキンゲ工科大学(スウェーデン)

◆ブレーメン応用科学大学 Hochschule Bremen, University of Applied Sciences (ドイツ)
1982年に経済大学、工科大学、社会学大学、航海大学の4つの単科大学が併合し、設立された公立大学です。国際的学術交流を積極的に取り組み、約270の海外の大学と協定を結んでいます。大学のあるブレーメンは1200年以上の歴史ある港町であり、国際的な企業の中心地でもあります。約8,000人の学生が69の学位コースで学んでいます。情報科学科の学生を対象にしたプログラムで、Women's International Degree Programme in Computer Scienceの中で学びます。
募集人数と留学期間
1人
3月~翌年2月または9月~翌年7月(冬学期のみの留学も可)
出願資格
情報科学科2年生以上
TOEFL iBT 61または TOEFL-ITP 500またはIELTS 5.5以上
授業の言語
ドイツ語、英語
学費等の免除
留学先学費全額免除、宿舎費・食費自己負担
>ブレーメン応用科学大学 Hochschule Bremen University of Applied Sciences(ドイツ)
一部英語で行われる留学生向けの授業もありますが、情報科学の専門科目はほとんどドイツ語で行われます。
◆オーストラリア国立大学 Australian National University(オーストラリア)
首都キャンベラにあり、バーレー・グリフィン湖畔に広大なキャンパスを有しています。 国内の研究をリードする総合大学で、世界でもトップクラスの教育水準を誇っています。設備面もすぐれ、特に図書館はアジア・太平洋地域では他に類を見ない規模のものです。
募集人数と留学期間
2人
2月~11月
出願資格
学部2年生以上または大学院修士課程
TOEFL iBT 80(Reading, Writing:各20、Listening, Speaking:各18)以上, IELTS 6.5(各6.0)以上
原則としてGPA 3.0以上
授業の言語
英語
学費等の免除
留学先学費全額免除、寮舎費・食費自己負担
オーストラリア国立大学 Australian National University (オーストラリア)

◆フィリピン大学 University of the Philippines (フィリピン)
フィリピン最高水準の国立総合大学。
メインキャンパスのあるディリマンの他、全国各地に7つの分校をもっています。授業は主に英語で行われますが、フィリピン語の知識も不可欠です。
募集人数と留学期間
1人
8月~翌年5月
出願資格
学部2年生以上または大学院修士課程
TOEFL iBT 61またはTOEFL ITP 500 またはIELTS 5.5以上
原則としてGPA3.0以上
授業の言語
英語
授業は基本的に英語で行われるが、ある程度のフィリピン語の理解力のあることが望ましい。
学費等の免除
留学先学費全額免除、寮舎費・食費自己負担

◆梨花女子大学 Ewha Womans University(韓国)
ソウルにある名門女子大学。
アメリカ人宣教師によって韓国の女性のためのキリスト系学校として設立されました。11の学部と62の学科からなり、100年以上年の歴史を誇る、韓国でもトップランクの大学です。
募集人数と留学期間
2人
3月~12月または9月~翌年6月
出願資格
学部2年生以上または大学院修士課程
韓国・朝鮮語の学習をしていること
原則として TOEFL iBTまたはTOEFL ITPのスコアを持っていること
授業の言語
韓国・朝鮮語
学費等の免除
留学先学費全額免除、寮舎費・食費自己負担
梨花女子大学 Ewha Womans University (韓国)
◆国民大学 Kookmin University(韓国)
1946年に設立された韓国初の私立大学。
10の学部と大学院及び付属研究所から構成されている総合大学です。付属研究所の一つである日本学研究所は韓国政府の学術基金に支えられ、多様な長期プロジェクトを遂行しており、韓国における日本研究の拠点としての役割を果たしています。
英語および日本語による授業も数多く提供しています。
募集人数と留学期間
2人
3月~12月または9月~翌年6月
出願資格
学部2年生以上
韓国・朝鮮語の学習をしていること
原則として TOEFL iBTまたはTOEFL ITPのスコアを持っていること
授業の言語
韓国・朝鮮語
学費等の免除
留学先学費全額免除、寮舎費・食費自己負担
国民大学 Kookmin University (韓国)

◆南京大学海外教育学院 Institute for International Students, Nanjing University(中国)
本学と協定を結ぶ、海外教育学院は南京大学鼓楼キャンパスにあり、初級から大学院レベルまでの中国語プログラムを提供しています。留学生は中国語のほか、中国近代史、中国経済、中国絵画、中国哲学、太極拳などを選択することができます。キャンパスのある南京市は江蘇省の省都で、長江下流の沿岸に位置します。同市は江南地域の中心的な経済都市です。また、南京市は北京、西安、洛陽に並ぶ中国四大古都の一つで、歴史的遺跡が数多く保存されています。
募集人数と留学期間
3人
9月~翌年6月または2月~翌年1月
出願資格
学部2年生以上または大学院修士課程
中国語Ⅱを履修中または修了していること
授業の言語
中国語
学費等の免除
留学先学費全額自己負担、寮舎費・食費自己負担
南京大学海外教育学院

◆ 香港樹仁大学 Hong Kong Shue Yan University(中国)
樹仁大学は初めての私立の4年制大学として1971年に香港に設立されました。現在でも、香港では唯一の私立大学です。人文社会科学を中心にして11の学科において幅広い専門分野を学ぶことができます。授業は基本的に英語で行われますが、地域社会・政治・文化に関連する科目では広東語で行われます。 キャンパスは、香港島の中心街・銅鑼湾からミニバスで10分程度の距離にあります。
募集人数と留学期間
2人
9月~翌年5月
出願資格
学部2年生以上
IELTS6.0(各セクション5.5)またはTOEFL iBT79以上
授業の言語
英語
学費等の免除
留学先学費全額免除、寮舎費・食費自己負担
香港樹仁大学 Honf Kong Shue Yan University(香港)

◆淡江大学 Tamkang University (台湾)
台湾で最大の私立総合大学で学生数は約26,000人です。専攻分野は11学部47学科に及び、語学教育では伝統のあるところです。
台湾北西の海岸沿いの町、淡水で学びます。他に台北、蘭陽にもキャンパスがあります。
募集人数と留学期間
2人
9月~翌年6月または2月~翌年1月
出願資格
学部2年生以上
中国語Ⅱを履修中または修了していること
授業の言語
中国語
学費等の免除
留学先学費全額免除、寮舎費免除、食費自己負担
淡江大学 Tamkang University (台湾)
注意
派遣学生選考一次試験(中国語能力試験)は繁体字を含む。

◆メトロポリタン自治大学 Universidad Autonoma Metropolitana(メキシコ)
本学からの派遣学生はメトロポリタン自治大学の5つのキャンパスのうちのイスタパラパ(UAM-I)キャンパスで学びます。UAM-Iは、学生数15,000人、教員数は700人です。使用言語はスペイン語。専攻分野は人文・社会科学、基礎科学・工学、生物・健康科学の3分野に分かれています。
募集人数と留学期間
2人
9月~翌年7月
出願資格
学部2年生以上または大学院修士課程または後期博士課程
スペイン語Ⅱを履修中または修了していること
DELE B1を取得していることが望ましい
授業の言語
スペイン語
学費等の免除
留学先学費全額免除、住居費・食費自己負担(ホームステイ、アパート等)
メトロポリタン自治大学 Universidad Autonoma Metropolitana (メキシコ)
注意
語学能力によっては8月の語学研修を義務付けられる